疲れ目サプリ

【これしかない!】疲れ目サプリの比較はどれ??3つのポイントでご紹介

当サイトおすすめ!

 

当サイト厳選!アントシアニンを含んだおすすめサプリを一挙公開中!

 

>>ランキングはこちら<<

目の疲れの仕組みはカメラとよく似ています。

読了までの目安時間:約 3分

デジカメを使用していれば分かりやすいのですが、オートフォーカスという機能によって、カメラのピントをあわせるという仕組みを経験したことがある人は多いでしょう。

これと疲れ目の症状は非常によく似ています。

 

例えば、デジカメのオートフォーカスの機能が働かない場合、

どのような症状が起こるでしょうか?

 

もちろんピンボケ写真が出来上がります。

 

カマラがオートフォーカスを使えないとなれば、

撮影したい物体そのものに焦点を当てることができなくなり、

正確に物体を捉えることができなくなるでしょう。

 

では、この状態を疲れ面症状に照らし合わせるとどうでしょうか?

 

目が物体にピントを合わせる場合、必ず出てくるのが、

目の周りの筋肉の働きです。

 

この筋肉の働きによって、目はピントを合わせ、

物体を正確に写すことが出来るのです。

 

目の疲れは、この筋肉が正常に働かない状態に陥ります。

 

これが疲れ目によって、物が正確に捉えることが出来ない状態となり、

物が二重に見えたり、ぼやけたりといった症状を起こします。

 

つまり、疲れ目の症状とは、

目の周りの筋肉が上手く動作しない、筋肉疲労ということもできます。

 

この状況に良くなりやすい原因はさまざまありますが、

同じ姿勢のまま同じものを見続けるということによって起こります。

 

例えば、パソコンやテレビなんかは目が疲れやすいというのは、

パソコンから発せられるブルーライトによる原因もその一つですが、

それと同じくらい重要なのが、

同じ姿勢で同じ場所を見続け、ピントを合わせる目の動きを鈍らせること

と言えます。

 

これは、遠くのものを見ることによって、

目の疲れが癒やされるということにも起因します。

 

遠くのものを見るということは、目を酷使するように感じますが、

目の周りの筋肉を動かすことでピントを合わせる働きを

回復させるという効果があります。

 

 

 

タグ :      

目の疲れの仕組み 目の疲れの症状    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: